「次元の狭間オメガ零式:デルタ編 3層」クリア!

「次元の狭間オメガ零式:デルタ編 3層」をクリアしました!2層よりもギミックが盛りだくさんで対処法を覚えるのに苦労しました…各フェーズのギミックで手こずった箇所や感想などを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

フェーズ1

フェーズ1で手こずったギミックは、「魔法剣ホーリー」。頭割りの対象になってしまった場合の動きがなかなか慣れませんでした。他のメンバーと集まって対処する攻撃なのに、逆に離れないといけないので、最初はよく失敗してました(´・ω・`)

フェーズ2

フィールドに荊が出現するフェーズ。最初のうちは、「女王の舞」の線を切るのによく南北間違えてました…。慣れてきたら間違えることはほぼなくなりましたが、南北間違える人がいて壊滅するパターンはよくありました。

赤魔道士だとデプラスマンで切るようにすると詠唱時間も確保できていい感じでした。

フェーズ3

このフェーズでネックだったのは、ソウルリーパーが出現する「サモンデストークン」です。よく安置を間違えたり、他の人につられて移動した先が安置じゃなかったりと、クリアした今でも苦手です汗

フェーズ4

通称図書館フェーズ。空気を読んで対処するしかない「魔法剣ホーリー」が辛かった…。

でもクリアできるパーティだと案外事故らないので、慣れてくれば落ち着いて対処できるようになるのだと思います。

フェーズ5

ボスが移動したパネルによって「女王の舞」が変化しますが、ギミック自体は今までのフェーズで出てきたものだけなので、個人的にはあまり難しいとは感じませんでした。ただ、散開位置への移動が間に合わないケースがあったり、散開位置を間違えたりと練習中は崩れやすいところなのかなと思いました。

総括

ここまでギミックのことを書いてきましたが、一番ネックになるのはDPSだと思いました。盛りだくさんなギミックに対処しながら、クリアできるだけのDPSを出さないといけないので。パッチ4.0の後半に時間切れを経験したんですが、そこからクリアまでがだいぶ長かったです。

そして、次の4層はだいぶしんどそうなので頑張るか悩みどころです(´・ω・`)