[FF14] 「失われた都 ラバナスタ」攻略メモ

パッチ4.1で実装されたアライアンスレイド「失われた都 ラバナスタ」のボス戦攻略メモです。ボスのギミックや対処法について書いています。

スポンサーリンク

目次

  1. 背徳の皇帝マティウス
  2. 統制者ハシュマリム
  3. 人馬王ロフォカレ
  4. 冷血剣アルガス

背徳の皇帝マティウス

凍天撃

タンクへの前方範囲攻撃。詠唱がないので、タンク以外は敵の前方に出ないようにする。

氷のアーゼ

アイスエレメント系の雑魚モンスター。倒すと円範囲攻撃「砕氷」を使用する。

拘束解放

詠唱完了後、フィールド中央に「氷の女神」が出現。フィールドには螺旋状の氷が発生し、氷の女神はその氷の上を移動する。氷の上には、小さな水の玉、大きな水の玉「アクアスフィア」、水の噴き出しが設置されており、氷の女神が通過した際にギミックが発動する。

移動中の氷の女神に触れると「凍結」状態になり行動できなくなるので、氷の女神の進路に入らないよう注意する。

小さな水の玉

ターゲットできない。氷の女神が通過すると「氷の従僕」に変化する。触れると破壊できるので、氷の女神が通過する前に処理する。

大きな水の玉 アクアスフィア

破壊しないと後述の「ブリザジャ」のダメージが増える。

水の噴き出し

氷の女神が通過すると「ブリザガ・ピラー」に変化する。ブリザガ・ピラーは、出現と同時に「氷雪の呪い」の詠唱を開始。氷雪の呪いは、線でつながれたメンバーを雪だるまに変えてしまうので、詠唱完了までに破壊する。

再拘束

氷の女神がいなくなる

ブリザジャ

距離減衰攻撃の予兆が複数出現。予兆のないところへ移動して耐える。

フルームトード

カエル型の雑魚モンスター。出現するとパーティ全員に呼吸困難のデバフが付き、徐々にスタックしていく。スタック数が10になると戦闘不能になってしまうが、フルームトードを倒すと出現する泡に触れると呼吸困難を解除できる。

凍槍突

直線範囲攻撃。外周に出現した氷との間に予兆が発生する。フルームトードを倒した後に出現する泡に凍槍突が当たると破壊されてしまうため、泡や他のメンバーを巻き込まないよう注意する。

凍結晶

小さな氷が出現。対象者と線でつながれ、扇状範囲攻撃が使用する。対象者は外側を向けるようにする。

アズールガード

3体出現。近づけるとアズールガード同士が線でつながり、バフが付くので離して倒す。前方範囲攻撃を使ってくるので、タンク以外は正面に立たないよう注意する。

凍てつく波動

全体範囲攻撃。直前のアズールガードを倒せないと全滅。

目次に戻る

統制者ハシュマリム

クエイジャ

全体範囲攻撃

ロックスパイク

対象者に3連続の円範囲攻撃。

統制の塔→制裁の刃

地面に黒い円が表示され、その場所に塔が出現する。塔出現後、全体範囲攻撃「制裁の刃」で塔が切断され、切断された塔が倒れる方向にダメージが発生する。

切断された後、倒れる方向に塔がずれるので、塔をよく見ておく。

統制の塔は、前半は1本、後半は2本同時に出現。

ブーストエッジ

ボスが東か西の外周に移動し、フィールドを横切るように突進してくる。フィールドの北か南のどちらかに退避する。

ロックカッター

タンクへの単体攻撃

大地のハンマー

距離減衰攻撃。大地のハンマーの落下位置からの距離に応じてダメージが変化。大地のハンマーの位置は、地面にできた影で確認できる。

支配の塔

中央に出現。同時にコンテンツゲージ「統制者ハシュマリムの魔力」が表示されるので、ゲージが溜まりきるまでに破壊する。

砂球

3体出現。出現に合わせて、全体範囲攻撃「砂塵」の詠唱を開始する。処理中に頭割り攻撃「大落石」がくるので、各アライアンスが分かれて攻撃するようにすると処理しやすい。

ランドワスター

支配の塔の後に使用する全体範囲攻撃(履行技みたいなもの)

召喚

ペナント・ゴーレムが2体出現する。ペナント・ゴーレムは、全体範囲攻撃「デモリッシュ」を使用するごとにバフがスタックし、巨大化していく。巨大化すればするほどダメージが増えるので、素早く倒す。

服従の塔→制裁の刃

外周に塔が3本出現。ボスの全体範囲攻撃「制裁の刃」で塔が切断され、フィールドの中央に向かって倒れてくる。制裁の刃後、倒れる前に砂球が出現する(対処方法支配の塔のときと同様)

目次に戻る

人馬王ロフォカレ

星天爆撃打

タンクに、4連続で被物理ダメージ増加を付与した後、ダメージ大の攻撃がくる

人馬戦車

対象者の頭上に赤マーカー。対象者に向かって突進する直線範囲攻撃。

鬨の声

ボスの前方180度の範囲攻撃。人馬戦車の後に使用する。ボスから遠くにいると回避しづらいため、人馬戦車のときに近づいておく。

冥界恐叫打

対象者3人に3連続の円範囲攻撃

蹂躙

8の字の攻撃範囲が表示された後、ボスが突進攻撃をしかけてくる。予兆の表示から発動までの時間が短いため、素早く退避する。

独立独行

ボスが外周に移動。5体がフィールドを横切る形で直線範囲攻撃をしかけてくる。詠唱開始から発動までやや時間があるため、落ち着いて安置に移動する。

後半は、ボスが外周に移動せず、2体が中央を平行で横切るパターンも追加される。

アルケオデーモン

コンテンツゲージ「エーテル加速度」が表示されるので、ゲージが溜まるまでにアルケオデーモンを倒す。アルケオデーモンの周りに六角形の表示され、一定時間後に出入りができなくなるので、アライアンスごとに分かれて対処する。

アルケオデーモン処理中、外周を走っているロフォカレに触れるとノックバック+スタン。六角形の外側半分は、ロフォカレが通る可能性があるので、近接DPSはロフォカレの位置に気を配りながら攻撃。

天将覇道撃

アルケオデーモンの後に使用する全体範囲攻撃。「エーテル加速度」の蓄積量によってダメージが変わる。

抱締

フィールド上に水色の円が数カ所出現。触れるとバインド+小ダメージの範囲攻撃が発生する。常に表示されておらず、明滅しているので、鬨の声を回避するときなど大きく移動するときは、抱締が設置されていないか注意する必要がある。

威風堂々

距離減衰攻撃

暗黒魔法陣

暗転し、フィールドの数カ所に「暗黒陣」が出現する。暗黒陣はターゲットして触れることで消せる。全て消さないと直後の「独立独行」の予兆範囲が見えないため避けづらくなる。

目次に戻る

冷血剣アルガス

痛打

タンクへの単体攻撃

冥界恐叫打

対象者3人に3連続の円範囲攻撃。ロフォカレが使用するものと同じ。

呪槍串刺

ボス中心の円範囲攻撃

真なる仮面と偽りの仮面

画面に真なる仮面か偽りの仮面どちらが表示されたかで後述の「神の啓示」対応が変わる。瞳が青い仮面が真なる仮面、瞳が赤い仮面が偽りの仮面。

神の啓示

真なる仮面が表示されていた場合は、神の啓示に従う。偽りの仮面が表示されていた場合は、神の啓示と反対の行動をとる。

神の啓示:見るなかれ

真なる仮面が表示されていた場合はボスに背を向ける。偽りの仮面が表示されていた場合はボスの方を向く。

神の啓示:行動し続けよ

真なる仮面が表示されていた場合は行動し続ける(歩き回っていればOK)。偽りの仮面が表示されていた場合は、動くのを止める。

神罰

神の啓示の対応を間違えると発生。ブレイブダウンが付与される。ブレイブダウンが3つスタックするとチキン状態になり、ボスから離れるよう強制移動させられる。強制移動によってフィールドの端に触れると変身し、他のメンバーを攻撃した後自爆して戦闘不能になる。

ファイジャ

全体範囲攻撃

不動無明剣

四角いフィールドが形成されるとともに、対象者2人に青い十字のマーカーが付く。青いマーカーは、発動時に対象者がいた位置を起点に十字範囲攻撃が発生する。

四角いフィールドは、十字範囲攻撃に合わせてダメージが発生する。

冷血乱舞

距離減衰攻撃。不動無明剣の後に使用してくる。ボスは飛び上がり、ターゲットできなくなる。距離減衰攻撃は、不動無明剣の発動の後なので、不動無明剣を回避してから移動して距離をとる。

高貴なる血脈

アルガスの影が出現。線でつながれた人を追跡し、攻撃してくる。

千手無双剣

前方に放射状の範囲攻撃

虚無の魂

「虚無の結晶」が出現し、コンテンツゲージ「虚無」が表示される。ゲージが溜まるまでに虚無の結晶を破壊する。

ダークアルテマ

虚無の塊の後に使用する全体範囲攻撃。「虚無」のゲージに応じてダメージが変化する。

狐鶏鼠

数カ所に球体が落下してくるので、落下位置の円の中に入る。

喪失の恐怖

頭上にくるくる回る指のマーカーが表示され、方向の自由が効かなくなる。移動を開始すると方向が固定化されるので、安置の方向になるまで調整する。被弾するとペインが付与される。

目次に戻る