[FF14] 赤魔道士 範囲攻撃のスキル回し

IDの道中などでまとめ狩りする場面は多々あるので、攻撃スキルのダメージ効率やマナの上昇量から赤魔道士の範囲攻撃のスキル回しを考えてみました。

スポンサーリンク

範囲攻撃スキルのダメージ効率

スキャッター

連続魔なし

キャストタイムが同じ魔法の威力と比較してみます。

  • スキャッター:威力100
  • ジョルト:威力180
  • ジョルラ:威力240
  • インパクト:威力270
  • ヴァルファイア:威力270
  • ヴァルストーン:威力270

敵が2体以上でジョルトよりダメージ効率が良くなります。ジョルラを覚えるLV64以上では、敵が3体以上ならスキャッター>それ以外の魔法となります。

連続魔付与時

連続魔が付与された状態で使用する魔法と比較してみます。

  • スキャッター:威力100
  • ヴァルサンダー:威力300
  • ヴァルストーン:威力300

敵が4体以上ならスキャッターのほうがダメージ効率が良くなります。敵が3体なら同じダメージ効率となりますが、ヴァルサンダーとヴァルエアロのほうが「マナ」の上昇値が高いです。

  • スキャッター:「ブラックマナ」と「ホワイトマナ」を3上昇させる
  • ヴァルサンダー:「ブラックマナ」を11上昇させる
  • ヴァルエアロ:「ホワイトマナ」を11上昇させる

基本的にはヴァルサンダーもしくはヴァルエアロを使用することで後述のエンムーリネの回数を増やせるので効率が良くなります。

ただ、スキャッターは使用時に「スキャッター効果アップ」が付与されることがあります。効果アップしている状態でスキャッターを撃つと「ブラックマナ」と「ホワイトマナ」が8上昇するので、スキャッター効果アップが付与された場合は、ヴァルサンダーやヴァルエアロよりもスキャッターを使用するほうが良いです。

エンムーリネ

ブラックマナ30、ホワイトマナ30でムーリネがエンムーリネに変わります。ムーリネは威力が低すぎて比較対象にもなりませんが、エンムーリネは威力が200なので、敵が2体以上いるなら最優先で使っていきたいスキルです。

範囲攻撃のスキル回し

範囲攻撃スキルのダメージ効率から、「スキャッターを軸に効率良くマナを稼いでエンムーリネを使用する」ことがポイントになります。

ジョルラ習得以降、敵が2体であれば、範囲攻撃を使わないほう効率が良いので、敵が3体以上では基本的には以下のような流れでスキルを回します。(フレッシュとコントルシクストはリキャストごとに使用)

  1. スキャッター
  2. ヴァルサンダー or ヴァルエアロ
  3. ブラックマナとホワイトマナが各30以上になったらエンムーリネ

ヴァルファイアとヴァルストーンを使用するか悩むところですが、エンムーリネに必要なマナが貯まれば良いので、ダメージ効率の良いスキャッターを使うようにしています。

あと、スキャッター効果アップは付与されるのが遅いです。なので、連続魔のとき、Procを視認してからスキャッターを使うよりは、基本的にヴァルサンダーかヴァルエアロに使うほうがテンポよく魔法を使うことができます。敵の数が4体以上ならひたすらスキャッターを使っても良いと思います。

マナフィケーションまで使うかどうかはケースバイケースです。エンムーリネの回数は増やせますが、IDではボス戦に温存しておきたかったりするので。

まとめ

赤魔道士は単体攻撃用のスキルが中心ですが、スキャッター効果アップやエンムーリネを活用することで敵をまとめ狩りする時のDPSを上げることができます。