[FF14] 赤魔道士 セットするロールアクション

パッチ4.0で、ロール別に習得する「ロールアクション」が追加されました。今回は赤魔道士でどのロールアクションをセットするか考えてみました。

スポンサーリンク

ロールアクションごとの所感

アドル

  • 一定時間、対象のINTとMNDを10%減少させる。

零式などの高難易度レイドなら必要となる場面があるかもしれませんが、常にセットしておく必要はなさそう。

ブレイク

  • 威力:50
  • 対象に20%ヘヴィを付与する。

威力も50ありますが、主な効果はヘヴィです。大迷宮バハムート邂逅編1層のようにヘヴィが必要なコンテンツなら出番がありそうですが、これも重要ではなさそう。

ドレイン

  • 威力:80
  • 与えたダメージの一部をHPとして吸収する。

HPを回復させることができますが、ヴァルケアルがあるので不要。ちなみにドレインでも連続魔は付与されます。

ディヴァージョン

  • 一定時間、自身の敵視上昇を抑える。

赤魔道士は開幕敵視が上昇しがちなので、これは常にセットしておきたいスキルです。

ルーシッドドリーム

  • 自身に対する全ての敵視を半減させる。
  • 自身のMPを継続回復する

MP回復手段として必ずセットしておきたいスキルです。

迅速魔

  • 次の1回の魔法詠唱について、詠唱時間無しで詠唱することができる。

赤魔道士は連続魔があるので、他のキャスターに比べて重要度は高くないと思います。ヴァルレイズも連続魔を付与しておけば、詠唱なしで使えますし。

マナシフト

  • 自身の最大MPの20%を対象のパーティメンバーに与える。
    現在MPが最大MPの20%に満たない場合、現在MPまでを与える。

与えるようなMPなんてない!むしろMP分けて欲しい(´・ω・`)

アポカタスタシス

  • パーティメンバーひとりを対象として、被魔法ダメージを20%軽減する。

よく使うスキルではありませんが、衰弱中にかけてもらえるとちょっと嬉しかったりするスキル。レイドだと使う場面もありそうです。

堅実魔

  • 次の1回の魔法詠唱について、詠唱妨害されずに詠唱することができる。
  • 効果時間中はノックバック、引き寄せを無効化する。

詠唱妨害されなくなるのは助かるのでセットしていて損はないのですが、あまり使う機会がなかったり…。赤魔道士は連続魔もありますし、他のキャスター、ヒーラーほど優先度は高くないと思います。

イレース

  • 対象が受けている継続ダメージ効果を解除する。
  • 対象のHPを回復する。(回復力:200)

ヴァルケアルのほうが回復力は高いです。赤魔道士が継続ダメージ効果を解除する場面はそうそうないでしょうし、リキャスト90秒なので使い道はなさそう。

セットするロールアクション

アクションごとの所感を踏まえ、セットするロールアクションは以下のような形になりました。パッチ4.0が実装される前は、セットするロールアクション迷うかなーとか考えていたんですが、しっかり考えると案外絞られるものですね。

必須枠

  • ルーシッドドリーム
  • ディヴァージョン

選択枠

上の方が優先度高。あとはコンテンツ次第。

  • 迅速魔
  • アポカタスタシス
  • 堅実魔
  • アドル
  • ブレイク